PhantomX固定ブラケット PXBKT-XVI V2説明書

PhantomXを固定するブラケット (X68000 XVI専用) 「PXBKT-XVI V2」の特徴や使用方法を説明する公式マニュアルです。本品はBOOTHショップのmcafe工房で頒布しています。

本品の特徴

・PhantomXを固定して脱落を防止します。
・PhantomXの取り付けミスを予防します。
・リロケータとベースボードをX68000に固定したままRaspberry Piだけを取り外せます。
・PhantomXを取り外す時にリロケータのピン保護のため真っ直ぐ引き抜くつまみが付いています。
Raspberry Piを冷却するための40mmファンを取り付け可能です。
・使用材料はPLA+で、通常のPLA (ポリ乳酸) よりも靭性が高くABSに近い耐衝撃性があります。

注意事項:必ずお読みください

・本品はユーザー様ご自身でサポート材 (3Dプリンターで造形する際に作られる土台) を除去していただきます。

・本品(V2)はPhantomXに含まれるリロケータ(白い基板)のピンが短いタイプの専用品で、長いタイプには使用できません。ピンが長いタイプ (ピンの土台の黒いプラスチック部分の高さが約5mmのもの) にブラケットを使用したい場合はご連絡ください。

・40MHzクリスタルオシレータ (XTAL3) の装着をICソケット化している場合にオシレータがソケットから浮いていると、ブラケット下面と干渉することがあります。オシレータの足を短く切ることで回避できるようです。

・本品は家庭用FDM方式3Dプリンターで製造しているため、多くの場合造形に以下のような欠点があります。糸引き、積層痕の不揃い、小さな隙間や凹凸、変形、変色、プリンター部品摩耗片の混入など。機械的機能が損なわれない程度なら出荷対象としています。

セットの内容

・ブラケット本体
・ステーA
・ステーB
・ねじ、ワッシャー類

ねじ、ワッシャー類の内訳

1) なべ B-1タッピングねじ 3 x 16mm ・・・2個
2) バインドねじ M3 x 12mm ・・・3個
3) ナイロン製ワッシャー M2.6用 ・・・1個
4) バインド B-1タッピングねじ 2.6 x 8mm ・・・5個
5) なべ B-1タッピングねじ 3 x 10mm ・・・4個

Tips: ねじの頭が少し平たいのが「バインド」、丸っこいのが「なべ」です。
「B-1」は、ねじを切り進むための切り欠きがある強力タイプのタッピングねじです。
Caution: タッピングねじをねじ込む相手は金属よりはるかに弱い樹脂ですので、強く締めすぎないようにします。
Caution: 短ピン対応ブラケット再配布の方は、ねじ類はV1との差分だけが同封されています。

必要工具

・プラスドライバー2番 (3mmねじ用)
・プラスドライバー1番 (2.6mmねじ用)
・ラジオペンチ、カッターナイフ、棒やすり等 (サポート材除去に使用)
・輪ゴム (糸引きがある場合に使用)

サポート材の除去方法

ラジオペンチでサポート材を掴んで引き剥がしていきます。黒くマークされた箇所は出っ張った部分がサポート材の下に隠れているため、傷つけないように気を付けてください。
剥がした跡に残る網目状のバリはカッターナイフ等で削ぎ落とします。このバリは多少残っていても機能に影響ありません。
ブラケットの足やステーA,Bの周囲にある薄い平面のバリ (ブリム) は、ペンチや手で大まかに除去した後、残りをカッターナイフや棒やすりで取ります。多少残しても問題ありませんが、ステーBだけは空力パーツであるため、きれいに取ることをお勧めします。

Caution: ブラケット左上の足はサポート材でねじ穴が埋まっているため、これを必ず除去する必要があります。また、シャープ純正増設RAMボードCE-6BE2Aの金属製ステーの足とブラケット左上の足を共締めするため、足裏のサポート材を完全に取り去りD字型の窪みを作ります。

Tips: 産毛のような細い糸引きは、輪ゴムを撫でつけて絡め取ります。

サポート除去方法の補足説明も必ずお読みください

mx5638.hatenablog.com

取り付け手順

1. 冷却ファンの取り付け

冷却ファンを使用する場合、最初にブラケットに取り付けておきます。ブラケット側面に40mmサイズのファンを内向きに固定します。本品付属ねじは一般的な10mm厚のファンを想定した長さです。
使用ねじ類 :
1) なべ B-1タッピングねじ 3 x 16mm ・・・2個

 

2. 取り付け準備

X68000本体のメイン基板が水平になる方向に、本体を横倒しに置きます。

 

2-1. 初めてPhantomXを取り付ける場合

PhantomXの公式説明のとおりシールド板 (メイン基板表側を覆う薄い金属板) と68000 MPUを除去するためにメイン基板を本体から取り外します。MPUを外したらPhantomX付属の丸ピン嵩上げソケットを取り付けます。
そして、シールド板と68000 MPU以外のものを本体へ戻してねじ留めします。ただしメイン基板の3ヶ所のねじ (図示) は、次項で本品付属品を取り付けます。

 

2-2. PhantomXがX68000本体に取り付け済みの場合

MPUの嵩上げソケットを本体に残してPhantomXを取り外し、リロケータ (白基板)、ベースボード (黒基板)、Raspberry Piの三つに分解します。本体メイン基板の3ヶ所のねじ (図示) を外します。この純正ねじは本品では使いません。
Caution: PhantomXの分解時にピンを曲げてしまいやすいので、十分注意してください。一気にピンを抜かずに少しずつ均等に抜く方が安全です。

 

3. ブラケットの仮固定

ブラケットをメイン基板上に置き、本品付属ねじ3個 (図示) を緩く締めます。ブラケットを揺すると動くことを確認します。
以後、図中の位置上下左右で表します (図示)。

使用ねじ類 :
2) バインドねじ M3 x 12mm ・・・3個

Caution: 関係部品の個体差やメイン基板取り付け状態の誤差を吸収するため、リロケータとベースボードを取り付けるまではブラケットが自由に動けるよう仮固定のままにしておきます。

 

4. リロケータの仮置き、位置調整

リロケータ裏のピンに曲がりがないことを確認します。
ブラケット内面の「上」部分に2本が対になった線が刻まれていることを確認します。そしてリロケータを上から滑り込ませます。(右下の角がブラケットの干渉箇所 (図示) を避けるように) 

リロケータ下面のピンが嵩上げソケットの穴に軽く置かれるよう、リロケータとブラケットの位置を互いに調整します (まだソケットに挿しません)。右から覗き込むとピンとソケットを目視できます。

調整がうまく行けば上下2本の線の内、上の線が見えるようになるはずです。

 

5. リロケータのはめ込み

横から覗き込みピンとソケット穴が合っていることを確認しながら、慎重にリロケータを押してソケットに挿します。最後までピンが刺さってリロケータが水平になり、ブラケットの下側の線が全て見えていることを確認します。

 

6. ベースボードの取り付け

ベースボード左上の角をブラケット左上の矢印 (図示) の位置に合わせ、ベースボードをリロケータに差し込みます。右下の一か所 (図示) をねじで留めます。ナイロンワッシャーを使用します。
使用ねじ類 :
3) ナイロン製ワッシャー M2.6用 ・・・1個
4) バインド B-1タッピングねじ 2.6 x 8mm ・・・1個

Tips: ねじの頭を舐めないように気を付けて最後まで締めます。
Caution: 左2個のねじ穴は使用しません。

 

7. ブラケットの本固定

仮固定だったブラケットをねじ3個 (図示) を締めて本固定します。
Caution: 相手が薄板のため強く締めすぎないようにします。
Tips: ブラケット右上の四角い足はメイン基板から約1.5mm浮いた状態になります。ブラケットが過度に撓まないようにする支えです。

 

8. ステーAの取り付け

ステーAをねじ2個でブラケット左側に取り付けます。Raspberry Piの土台になります。
使用ねじ類 :
5) なべ B-1タッピングねじ 3 x 10mm ・・・2個

Tips: ねじを先にステーに通しておいて所定の位置へステーを置くと、ねじを落とす事故を防ぎやすいです。

 

9. ステーBの取り付け

ステーBをねじ2個で右側に取り付けます。ファンの冷却風を整流する役目も持ちます。
使用ねじ類 :
5) なべ B-1タッピングねじ 3 x 10mm ・・・2個

Tips: ねじを先にステーに通しておいてから所定の位置へステーを置くと、ねじを落とす事故を防ぎやすいです。

Caution: ベースボード固定ねじが十分締まっていないと、ねじの頭が当たりステーBが浮いてしまいます。写真は正しい状態。

 

10. Raspberry Piの取り付け

Raspberry Piをベースボードに挿し、ステーA,Bにねじ留めします。ねじ穴が合わない場合はステーA,Bの取り付けを緩めて位置を合わせます。(全く合わない場合はRaspberry Piの差し込み位置を確認します)
使用ねじ類 :
4) バインド B-1タッピングねじ 2.6 x 8mm ・・・4個 (Pi Zero系は2個)
Tips: 通常は全てのねじ穴を使う必要はなく、半分で十分と思われます。写真は2箇所で固定の例。

 

11. 冷却ファンの配線

冷却ファンの電源を任意の場所から配線します。自己責任で行ってください。


取り付け方法は以上です。

 

Raspberry Piだけを取り外す方法

Raspberry PiをステーA,Bに固定しているねじを外すことで、ベースボードやリロケータをブラケット側に残したままRaspberry Piを安全に取り外すことができます。

PhantomX全体をX68000本体から取り外す方法

ブラケット固定ねじ3個を外します。ブラケット上部のつまみを持ち、メイン基板から垂直に引っ張ります。リロケータが嵩上げソケットから抜けて、全体を取り外すことができます。(嵩上げソケットは抜けません)

Caution: ブラケットにリロケータが付いたままX68000本体へ再度取り付けることはお勧めしません。リロケータのピンをソケットに挿すことが困難なため、分解して取り付け手順の最初から実施してください。

参考:取り付け・取り外しを繰り返す場合のTips

何度も付け外しを行うことは、自動車の世界で言う「シビアコンディション」での使用なのかもしれません。このような場合、接点復活剤をピンに薄く塗布しておくと潤滑性が増して摩耗や金属疲労が軽減されます。PhantomXの公式では特に言及されていませんので、自己責任で行ってください。本品の開発時にはKURE接点復活スプレーを綿棒でピンに塗布してリロケータの抜き差しを50回以上、ベースボードやRaspberry Piの抜き差しも数十回行いました。接点復活剤のお陰か不明ですが、ピン折損などの問題は起きていません。
ちなみに、SDIP丸ピンタイプソケットの抜き差し回数の寿命は製品によりますが日本製の物でも50回程度が一般的のようです。

 

以上