X68000 FDDメンテナンス方法

ツインタワー型(マンハッタンシェイプ)X68000フロッピーディスクドライブ (5.25インチ) のメンテナンス方法です。メカの再調整が必要になるような全てを分解することはせずに、FDが収まる空間のクリーニング、電解コンデンサーの交換、グリスアップを行います。

電子回路の基板は複数のタイプがありますが、メカ部分の作りは初代X68000用から最後の機種まで大きな違いはありません。横型筐体のX68000 PROのFDDはメカも異なるようですので参考にならないと思います。

 

1. アルミ製のカバーを取り外した初期状態です。

f:id:mx5638:20211009203119j:plain

f:id:mx5638:20211009202640j:plain

 

2. 磁気読み取りヘッドが写真の位置にあることを確認します。
ディスクセンター側 (写真右側) にヘッドがシークされた状態の場合は、ヘッドを外周側へ動かします(方法は次の写真で説明)。そうしないと部品が引っかかってメカの分離が難しいです。

f:id:mx5638:20211009203103j:plain

ヘッドの動かし方です。
一方の手でラジオペンチを広げる方向に使って金属棒を上下に広げながら、もう片方の手でヘッドを写真の左方向へ動かす方法がやりやすいようです。慎重にギヤの一山ずつ動かしていくと良いです。
他にはラジオペンチを2本使って金属棒を1本ずつ掴んで上下に広げながら左方向へ引っ張る方法もあります。
グリスで滑るので勢い余ってギヤや近くのメカを傷つけないように気をつけます。

f:id:mx5638:20211009203201j:plain

 

3. 基板に刺さっているフラットケーブルを二箇所外します。

f:id:mx5638:20211009203640j:plain

f:id:mx5638:20211009204242j:plain

X68000初代 (CZ-600C) はもう一箇所ケーブルを抜きます。

f:id:mx5638:20211011184944j:plain

外したケーブルを裏側へ抜き取ります。

f:id:mx5638:20211009204254j:plain

 

4. ドライブ固定用の金具を取り外します。写真はねじが横方向に付いていたように見えますが、実際には影になっている部分に上からねじが入っています。

f:id:mx5638:20211009204420j:plain

 

5. 黒いプラ製の部品を取り外します。スプリングの片側を外して、ねじを緩めて外します。

f:id:mx5638:20211009204538j:plain

f:id:mx5638:20211009204556j:plain

 

6. 大物のメカユニットを取り外します。残りのねじ5本を外します。

f:id:mx5638:20211009211153j:plain


7. 矢印の方向にユニットを少しずつずらして行きます。

f:id:mx5638:20211009211738j:plain

裏側では、カムのコロを支える金属部分が矢印方向へ外れます。

f:id:mx5638:20211009212316j:plain

ヘッド周りの干渉に気をつけながら、慎重にずらします。

f:id:mx5638:20211009211837j:plain

この辺りまでずらせば、持ち上げて分離できます。

f:id:mx5638:20211009211852j:plain


8. 分離できました。黒いプラ製の細長い部品も外しておきます。二つは同じ物なので入れ替わっても大丈夫です。

f:id:mx5638:20211009220432j:plain

 

9. 基板を分離します。写真のコネクターを外します。元の状態をよく観察しておきます。

f:id:mx5638:20211011002636j:plain

写真では端子を一枚しか抜いていませんが、二枚とも抜きます。薄板のため壊さないように気をつけます。

f:id:mx5638:20211011002957j:plain

 

10. ケーブルを5箇所外します。基板を固定するねじ4本を外します。

f:id:mx5638:20211009221521j:plain

 

11. 基板を取り除くとこのようになります。スペーサーも外しておきます。
分解はここまでです。
X68000本体電源ユニットの電解コンデンサー液漏れにより、電解液がケーブルを伝ってFDDの電源コネクター周りを汚していることがあります。この例では基板をマジックリンで洗浄して天日干ししました(真夏に半日ほど)。

f:id:mx5638:20211009221628j:plain

 

12. メカ部分を清掃します。特に写真はありません。
筆者は綿棒やピンセット、キムワイプ、市販のほこりキャッチクロス、無水アルコールなどを使います。

 

13. 電解コンデンサーを交換します。この例では
C6:0.1μF 50V, C7:22μF 16V, C8:0.47μF 50V です。
同時にLEDを清掃します。

f:id:mx5638:20211009222606j:plain

C17, C19 100μF 16V は他の部品とは反対の面に付いています。

f:id:mx5638:20211009222622j:plain

C10, C24, C26, C2x(番号が隠れて見えませんでした)  10μF 16V x4個です。

f:id:mx5638:20211009222214j:plain

X68000初代のFDD
100μF 16V x4
22μF 16V x5
10μF 10V x1
1μF 50V x1
1μF 50V (バイポーラ) x1

f:id:mx5638:20211011185216j:plain

同じく初代のFDD  10μF 16V x3

f:id:mx5638:20211011185524j:plain

通常サイズの電解コンデンサーでも寝かせれば取り付けられます。
緑の丸で示すLEDの汚れを落としておきます。

f:id:mx5638:20211009233059j:plain

0.1μFと0.47μFの電解コンの手持ちがなく、積層セラミックコンデンサーを使いました。これでも問題なく動作しています。
緑の丸で示すLEDを拭いて汚れをとります。

f:id:mx5638:20211009233912j:plain

 

14. 緑で示す穴は光センサー (フォトダイオード) がありますので、埃などの汚れを取ります。
青で示す箇所にはグリスを塗ります。先に劣化したグリスを綿棒などで拭き取ります。

f:id:mx5638:20211012190623j:plain

 

15. 他のグリスアップ箇所も古いグリスを軽く拭き取っておきます。そして手にグリスが付いて塗り広げてしまわないように新しいグリスを塗るのは後回しにして、組み立てます。
基板を取り付けてケーブルを接続します。
黒く細長いプラ部品2個を乗せます。

f:id:mx5638:20211011003300j:plain

 

16. この位置にメカを乗せて矢印方向にずらして行きます。

f:id:mx5638:20211009235051j:plain


17. 裏側です。カムのコロをギヤの上面に乗り上げさせます。ギヤ側面の歯を傷つけないように注意します。

f:id:mx5638:20211009235441j:plain

 

18. さらにメカをずらして行きます。
オレンジ色の囲みは、出っ張っているバネの端が右に立っている板の(写真上で)左側に来るようにします。板でバネにテンションをかける方向です。
赤の囲みは、丸棒がその下の板に乗り上げて、右の板の曲線状の端面に当たるようにします。

f:id:mx5638:20211010000513j:plain

同時にヘッド周りは、矢印のように金属パーツを下に押しながら黒いアームの下をくぐらせます。黒いアームは壊れやすいため注意します。

f:id:mx5638:20211010001617j:plain

 

19. 上記の3箇所が正しくはまると、このようになります。
メカのベース板が、黒く細長いプラ部品2個にも綺麗にはまります。これが難しいかもしれませんが、引っかかっている箇所を少しずつクリアしていけばできます。

f:id:mx5638:20211010002210j:plain

 

20. 裏側のカムはこのようになります。カムとギヤにグリスを塗ります。

f:id:mx5638:20211011003632j:plain

 

21. 黒いプラ部品とスプリングを付けます。固定するねじを締めすぎるとプラ部品の動きが渋くなりますので、ねじ止め剤(模型用のタミヤ製で十分)を先の方に塗りほどほどの力で締めます。スプリングの向きもあるので気をつけます。プラ部品が軽く動くことを確認します。

f:id:mx5638:20211011003435j:plain

 

22. 外していたフラットケーブルを元に戻します。

f:id:mx5638:20211010003806j:plain

f:id:mx5638:20211010163049j:plain

 

23. ドライブ固定用の金具を取り付けます。

f:id:mx5638:20211010163110j:plain

 

24. 青で示す箇所をグリスアップします。グリスは微量でよく、ゴマ粒1-2個くらいの量を基本にすると良いと思います。ヘッドを動かすスパイラルギヤにはそれなりの量を塗ります。

f:id:mx5638:20211012191043j:plain

 

25. アルミ製のカバーを取り付けます。矢印で示す小さいねじは非常にねじ山を舐めやすいため、軽く締めるだけにしておきます。ねじ止め剤を付けても良いと思います。

f:id:mx5638:20211010005300j:plain

 

メンテナンス方法は以上です。
筆者はドライブ0と1をローテーションさせるため入れ替えてX68000本体に組み込みます。
ドライブIDを設定するジャンパー2個を移動させます。

f:id:mx5638:20211010172031j:plain

 

以上です。